とんかつ ぽるく さん訪問!

2009年7月2日木曜日

■2009年7月1日■

新潟ふるさと村の目の前にある
「とんかつ ぽるく」さんにお邪魔しました。
少し空いた時間が良かったので、お店に着いたのは14:00過ぎ。

席に座り、オーダー使用とメニューを見ていると、
すぐに登場したのが、山盛りのキャベツ。
洗面器ほどはあるボウルにてんこもりです。

こちらはもう思う存分の食べ放題だそうです。
メニューに書いてありましたが、
キャベツは、傷ついた胃腸の修復作用のある「ビタミンU」(キャベジン)が
含まれているそうですので、モリモリ食べると身体に良さそうですね。

カツ丼の登場までの間、私も2回おかわりしました。

カツ丼は、まず目に飛び込んできたビジュアルから、
他の店との違うオーラがプンプン漂っていました。

まず3枚のっているカツが厚い!
そして、カツの中央には、揚げたピーマンが添えられている。
付け合わせは、大根とシソの実のお漬物、お味噌汁という
どこからみても「和」なんですが、
なんともいえず、全体が洋風の雰囲気なのです。

不思議な感覚のまま、カツを一口。

フワ~っと広がる黒胡椒の香りと、
口の中でジュ~っと広がる肉の旨さ。
12mmほど厚さのあるお肉なので、食べ応えも充分。
厚みがあるからか、揚げたてのカツの温度がそのまま残っており、熱々。
ハフハフしながら食べるほどで、
「あ~、俺、いまカツ喰ってるな~」っという実感を味あわせてもらえます。

それにしても、タレの甘辛さを胡椒の香りが引き締めるこのお味。
他では無い美味しさでしたね。

新潟の「タレかつ」文化を受け止め、
自分の中で消化させ、自分なりの味をつくりだしたというような、
このお店オリジナルのカツ丼でした。
旨いー!!

こちらのカツ丼を食べ、
シンプルな食べ物「タレかつ」の無限な可能性を感じました。


付け合わせのカラシを見ると、よく目にするカラシよりも淡い色。

メニューに説明があったのですが、カラシの他、ドレッシングやマヨネーズ、ソースやタレなど、
すべての素材が手作りで、添加物が使われていないそうです。
この辺のこだわりも嬉しいですね。

食後には、コーヒー、100%オレンジジュース、ウーロン茶、お茶といった
ドリンクバーもフリー。
キャベツだけでなく、本当に気前の良いお店です。

コーヒーを飲みながら、カツ丼の感動をかみしめつつ、一息ついていると。

耳には、クラシック音楽。
壁には、ゴッホや棟方志功の絵。
まるで、喫茶店にいるような、心の安らぐ時間が流れはじめました。

「あぁ、このまま1時間ほど、ぼ~っとしていたい」
なんて気持ちになるほど、落ち着く店内。

帰り際に、マスターと女将さんとお話しましたが、ほんとうに素敵なおふたりで、
まさに、おふたりの人柄がそのままお店の雰囲気となっていると感じました。

美味しいカツ丼と癒しの時間をどうもありがとうございました♪

かつ丼 950円


★とんかつ ぽるく★
住所:新潟市西区善久798-4 【MAP】
電話:025-377-0766
営業時間:平日 11:00~15:00、17:00~22:00
       土日祝 11:00~22:00
定休日:木曜(祝日の場合は休まず)

1 comment

匿名 さんのコメント...

おっっ、とんかつぽるくさん!
私、このお店が大好きでよく夫婦で行きますよ。
料理のボリュームもさることながら、なんだかしあわせ〜な気持ちになれるんですよね。
無性に行きたくなってきましたーーーー!!
(でも給料日後でないと行けない……)

2009年7月8日 21:43

コメントを投稿