「キッチン ザ ボン」さん訪問!

2009年8月7日金曜日

■2009年8月1日■

先週に引き続きやってきた新潟競馬場。
競馬場内には3店舗、タレかつ丼を出すお店があったので、
さすがに週末1回だけでは周りきれませんでした。

そのオオトリを飾るお店、
「キッチン ザ ボン」さん。

競馬場の入場ゲートを入り、
パドックまでの途中にある軽食屋さんです。

カツ丼が店のウリのようで、店頭に大きなPOPが飾ってありました。

よく見ると、ミニとん汁とのセットの手書きポスターも貼ってあり、
せっかくなので、こちらのとん汁セットのほうで頼みました。

オーダーが入ってからカツを揚げてくれるので、
少々待ちます。

その間に、会計を済ませ、店員のおばさまに、
営業時間などのお話をお聞きし、
「実は、今、タレかつ丼を出すお店を調べていまして・・」なんて、
事情も説明。

お話をしていると、カツ丼ができあがり、
片手にカツ丼、片手にとん汁を持ち、立ち喰いテーブルに移動しました。

さて、まずは、外観。
カツは2枚なのですが、ご飯を覆うように堂々と重なり合い、
下のご飯をすっぽりと隠しております。
デカい!


そして、クリスピーな見た目の衣。
まるで、ケ○タッキーのチキンのようです。

ひとくち食べて、見た目からも感じる、充分な食べ応え。
肉は、ヒレ肉です。

特徴は、とてもあっさりしたタレの味。
カツは大きいですが、味がサラっとしている分、しつこさ無く食べられます。


カツの下の中央部分には、海苔が敷かれており、
カツの脇には紅ショウガが添えられ、彩りを加えています。

カツ丼を食べながら、セットのとん汁を飲むと、これが、とてもいいコンビ。

夏場は、ちょっと熱いかもしれませんが、
競馬は、秋から冬もやっているわけで、寒い季節は特におすすめですね。
身体が温まること間違いなし!

と、カツ丼&とん汁の名コンビを味わっていると、
先ほどの店員おばさまが、ツカツカツカ・・と歩み寄ってきて、
真剣な顔で、
「うちのカツ丼の味、どうですか?」と一言。

軽食屋さんといっても、やっぱり「食のプロ」。
私のような者の意見にも、耳を傾け、
美味しいものを提供したいというその姿勢に、感動!

とん汁で身体が温まりましたが、
心もほっと温まった瞬間でした。

ごちそうさまでした!

かつ丼550円
かつ丼・ミニとん汁700円


★キッチン ザ ボン★
■住所:新潟市北区笹山3490新潟競馬場テラスプラザ1F 
【MAP】
■営業時間: 競馬場開門~17:00
■営業日: 土日営業

0 comments

コメントを投稿