モスバーガー タレカツバーガー本日発売!

2011年8月24日水曜日

皆さん、もうご覧になりましたか?
モスバーガーの店頭に掲げられた
「タレカツ」の黄色い のぼり。

そうなんです!
本日、 「タレカツバーガー」が発売されました!!
新潟市の誇るご当地グルメ「タレかつ丼」
ハンバーガーに姿を変え、
(関西・中国・四国を除き)
北は北海道南は沖縄まで全国で発売されます!
仕事帰りに立ち寄ったため暗い画像ですんません。
お店の外も中も、「タレカツ」一色。
壁にも
窓にも
入口にも

レジの画面もタレカツ



早速持ち帰って食べることに。
片方はなんと「大盛り」!











具は、タレに浸したカツが2枚と刻みキャベツ。
マヨネーズに、マスタードが隠し味。









一口かじると、マヨネーズの味が口に広がり、
後からタレカツの味が、と押し寄せてきます。

ずばり、「うま~い!!」と声が出ちゃいました。

そしてそして、
「大盛り」はなんと、カツが3枚です!!

大盛りはそのボリュームからか、
後半少々しょっぱかったかな。

個人的に「大盛り」よりも、
普通を2つオーダー!がおすすめ。
おそらく、その美味しさから
ペロリと食べられるはずです。

期間限定のメニュー。
新潟の皆さんもぜひ、一度お試しあれ!









それにしても、
「タレカツ」の黄色いのぼりが
全国各地ではためくことを想像すると
もうワクワク&ゾクゾクしますね。

これで、新潟の「タレかつ丼」も
今まで以上に認知度UPでしょう!

付け加え言わせてもらうと、
やっぱり、一番は、新潟の地元で食べる
ご飯の上にのった「タレかつ」です!!!


全国の皆さん、
ぜひ新潟市に食べにきてくださいねー!!


■モスバーガー


ととやさん 冷やしタレカツ丼

2011年8月23日火曜日

県庁前の「ととや」さんに
「冷やしタレカツ丼」なるものが登場したとの
情報をいただき、早速食べに行ってみました。

おっ!店頭にも大きなポスターが。
「新潟初登場!」とありますが、
これは間違いなく全国初!でしょう。









熱々揚げたての かつの味わいがたまらない
タレかつ丼が、茶漬け状態になっています!







茶漬けといっても、ダシ茶漬け。
脇には、梅干、岩のり、大根おろしが
添えられています。
かつは、温かさが残り、
いつものタレかつの味わい。

これを、一口かじって、
冷え冷えのご飯を流しこみます。
正直、食べる前は懐疑的でした。
「衣がひたひたになって、美味しくないのでは??」
「タレが薄まってしまうのでは??」

実際、食べてビックリ!!
これは、ずばり、アリですね。

だし汁に加える
梅肉、岩のり、大根おろしの3兄弟が
とても良い味のハーモニーを奏でています。

「夏、かつ丼はちょっと重いかな・・・」なんていう人は
ぜひおススメです。

ちなみに、私はストレートにそのままが好きでしたが、
お好みで、
●妙高のかんずりの液体にハバネロを加えた「雷」
●液体状のわさび「サビスコ」
●同じく液体状のショウガソース
の香辛料3兄弟を加えて食べてもOK。

自分好みの味を見つける楽しさも
ありますよ~♪

■ととや
新潟市中央区出来島2-1-58
tel.025-285-2133


セブンイレブン たれかつ おにぎり

セブンイレブンで、
タレかつのおにぎりを見つけました。

確か、2009年「ときめき新潟国体」開催の時期にも
同じように発売されていた記憶があります。


その後約2年が経ち、
さすが、味も改良が加えてありますね。









個人的におにぎりを温めるのは
あまり好きじゃないので、
前回も今回もそのまま食べましたが
冷めていても充分「タレかつらしさ」を
感じる味でした。

弥彦 桜井郷温泉 さくらの湯

2011年8月9日火曜日

めったにないことですが、
仕事で海外に行ってきました。

寝不足&疲れを解消しようと、
弥彦の日帰り温泉施設
「さくらの湯」さんへ行ったところ、

見つけました!
この張り紙。
タレかつ丼の波が、弥彦にも。

というわけで、
さっそく食べてみることに。
こちらは、複雑に絡み合う旨味ではなく、
すっきりとした甘さが特徴。

やっぱり、日本の食べ物は、
いや、新潟の食べ物は、
いやいや、やっぱり
タレかつ丼は、うまーい!!!

と、改めて実感しましたとさ。


弥彦 桜井郷温泉 さくらの湯
西蒲原郡弥彦村弥彦大字麓1970
tel.0256-94-1126